「愛」 ≠ 「尽くす」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は「」について話しましたが、

ここで、間違えてはいけないのは、=尽くす」ではないということ。

尽くす」というのは自分のエゴである場合が多いと思う。

 

自分の子供に沢山いろんなことをしてあげたのに、感謝の気持ちがないとか、

反抗されてしまう(反抗期は含まない)ということがある。

それは、親自身のエゴだった可能性が高いです。

だから子供には響かなかったのでしょう。

結局、自分本位なのです。

 

例えば、

子供の喜ぶ顔が見たいから(もちろんダメなことではないが頻度が問題)、

物を欲しがりグズグズ言って邪魔臭いから、という理由だけで

物をたくさん買い与えるのは親のエゴ。

 

」は、相手のことをたくさんの時間を割いて考えること。

たくさん考えているうちに、今現在が可愛くて可愛くて仕方がないという思いだけでなく、

将来のことも気になってくる。

 

どのように育てれば、

壁にぶち当たっても乗り越える立派に成人するだろうか、この子が素敵な人生を歩めるだろうか

欲しい物を買い与えてばかりいて、その子にとってそれが良いことなのか?

ガマンを強いることなく楽な方ばかりを選択させていていいのか?

厳しく叱ることなく優しく接してばかりでいいのか?

怪我はさせたくないからと危ないことは全て避けさせていていいのか?

お手伝いもさせず何もかも親がやってしまう状況でいいのか?

規則も、ストレスもない環境だけで育てていていいのか?

便利なものを与え過ぎていて工夫を知らないままでいいのか?

子ども自らが目標を設定することない習い事に通わすことに意味があるのか?

常にその子の今だけでなく将来のことを思い接してあげれば必ず素敵な人生が歩める大人へと成長する。

そのために大人は何をしてあげるべきなのか。

 

未成年のいろんな事件や、

成人してからの身勝手な行動

就職しても仕事が続かない・頑張れない・叱咤による萎縮など、

」を持って育てられなかったことが要因となることが多いのではないだろうか。。。

本当の「」がある育児・しつけ・教育がそれらを解決してくれると思います。

 

PRIMO 園長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

園児募集中!


0歳~就学前までの園児を募集中!

プリモ保育園では入園・見学を随時受け付けております。また、ご質問などございましたらお気軽にお問合せ下さい。

〒663-8175
兵庫県西宮市甲子園五番町16-10
メゾン甲子園トキワ1F
西宮/甲子園駅より徒歩5分
月~土8:00~18:00 TEL 0798-45-5575